トップ| 概要 | 目的 | トピックス | アーカイブ  English
 
 

「はやぶさ」は順調にイトカワに接近しています。イトカワは日々大きく見える
ようになっています。左は「はやぶさ」が狭視野光学航法カメラ(ONC-T)で
9月10日の15時00分(世界時: 日本時間11日0時00分)に撮影した画像です。
撮影時の「はやぶさ」からイトカワまでの距離は約30kmです。右は左の画像
の撮影後、9月10日16時42分(世界時: 日本時間11日1時42分)に撮像され
たものです。この間、イトカワは自転軸の周りに約50度自転しています。
左の画像は前回のリリースとは違う角度から見ています。クレーターや表面
の起伏などの地形もはっきり見えてきました。

 

 
 
 
  
9月10日に撮像されたイトカワの画像(1度角四方)左: 15時00分(世界時)、右: 16時42分(世界時)