トップ| 概要 | 目的 | トピックス | アーカイブ 今週のはやぶさ君Up!  English
 
 

小惑星探査を目指す「はやぶさ」は、2003年5月9日に打ち上げられて以来、 2004年
5月19日の地球スウィングバイを経て、順調に飛行を続けています。8月12日現在 、
「はやぶさ」は、イトカワから約35,000kmの距離にあり、毎秒38mで接近していて、今月下旬、
距離が3,500km、接近速度毎秒10mの時点までイオンエンジンを運転する計画で、
イトカワ近傍に静止できるのは9月中旬の予定です。

これに先立ち、7月29日から30日、8月8日から9日、および12日に、「はやぶさ」搭載の
星姿勢計(スタートラッカ)で到着目標である小惑星イトカワを捉え、のべ24枚の撮影に
成功しました。また、これらの画像をもとに、地上からの電波による観測とを複合させて、
「はやぶさ」探査機の精密な軌道決定が行われました。イオンエンジンを使って、目的の
天体に向けて精密に誘導するのは世界初の試みで、それには地上からの電波による観測と、
搭載カメラによる計測を複合させることが必須ですが、「はやぶさ」はそれを成し遂げました。

「はやぶさ」搭載の狭視野光学航法カメラ(ONC-T)でも、8月下旬にかけて撮影が計画されて
おり、撮影画像はホームページに掲載の予定です。

なお、2005年7月31日に「はやぶさ」探査機は、リアクションホイール(姿勢制御装置)3基の
うち1基が故障し、2基による姿勢維持機能に切り替えて飛行中ですが、「はやぶさ」プロジェ
クトチームは、当初より2基の運用も想定していたので、運用に支障はなく、小惑星近傍での
一連の科学観測とサンプル採集は可能であると考えています。
今後、新たな情報が得られるに従い随時、お知らせいたします。

注:星姿勢計(星の画像を撮影し、衛星の姿勢を計算するための装置)。

1.「はやぶさ」の星姿勢計(スタートラッカ)による小惑星イトカワの写真
2.「はやぶさ」から見たイトカワの予測位置と実際に撮影された位置
3.イトカワの明るさ
4.イトカワの軌跡(アニメーション)

 
 
 
1.「はやぶさ」の星姿勢計(スタートラッカ)による小惑星イトカワの写真

 

画像中のが、「はやぶさ」が撮影したイトカワと思われる天体です。
明確に移動している天体であることがわかります(7月29日、 8月8日、8月12日の
画像の合成)。 背景の星座は、「とも座」で、おおいぬ座とりゅうこつ座の間にあたります。
地球から見てイトカワが そちらに見えるわけではなく、「はやぶさ」から見てイトカワが
その 方向に見えるということです。 「はやぶさ」もイトカワも、地球から 見ると太陽の
すぐ右側に見えていることになります。
この何日かの間に急激に明るく見えてきていて、おそらくスタート ラッカで見て4等星
より明るくなっているものと思われます。

 

 
「はやぶさ」から見たイトカワの予測位置と実際に撮影された位置
 

イトカワが「はやぶさ」から見える方向を軌跡として示したものです。
星座の区切りは載せていません。ところどころにスタートラッカで 撮像した方向が描かれ
ています。この結果は、イトカワと思われる 天体が、まさにイトカワでなくては観測され得
ない方向に撮像された ということを示しています。
軌跡が切れ切れになっているのは、イトカワに対する相対軌道が、 光学航法または光学
+電波の複合航法で更新されたために、見える方向の軌跡を改訂したためです。最後の
8/12の撮像点以降は連続の軌跡になっていますが、これは軌道の推定がほぼ 完了
したことを示しています。

 

 
イトカワの明るさ
 

スタートラッカにより検出されたイトカワの明るさを、「はやぶさ」の位置からイトカワを観測
した場合に予想される明るさの変化と比較したものです。予測は、昨年にイトカワが地球
に接近した際に地上観測で決定された形状と自転運動と、「はやぶさ」の軌道位置から
計算しています。(神戸大平田成氏提供)明暗の時間変化がよく一致しており、識別され
た天体がイトカワであることを示す間接的な証拠です。

 

 
イトカワの軌跡(アニメーション)