トップ| 概要 | 目的 | トピックス | アーカイブ  English
 
 

はやぶさに搭載されている近赤外線分光器(NIRS)は、太陽光がイトカワの表面で反射
した 光を分光する装置です。分光とは光を波長ごとに分解して波長ごとの光の強さ
(小惑星表面 の色)を調べることです。小惑星表面の色を近赤外の波長で調べることで、
小惑星表面の 鉱物の種類や表面の状態を理解することができます。

図は9/16?10/12までにNIRSで観測された小惑星上の領域を示しています。カメラと違
って、 NIRSは小惑星上のある1点(視野サイズ0.1度四方)を観測して分光するので、
小惑星全体を 調べるには時間がかかります。NIRSはこれまでイトカワの赤道周辺を中
心に観測を行いまし た。高緯度地域の観測はまだ十分には行われていませんが、今後
探査機がイトカワに対す る相対的な位置を変えて、イトカワの北極周辺や南極周辺を
観測しやすくなったときに観測を 試みる予定です。
 

 

 
 
 

 
【重要】ウェブ上データの利用方針について | お問合わせ