トップ| 概要 | 目的 | トピックス | アーカイブ  English

Top

 

 

先日、5月6日に、ロサンゼルスにて行われた、International Space
Development Conference (ISDC 2006) で、米国の National Space Society か
ら Space Pioneer Award を授与いただきました。
(上杉先生がこちらを向いている写真を待っていたのですが、入手できませんで
した。上杉先生、すみません。)

最初は、JAXA ワシントン駐在事務所に、授与の連絡をいただいたのですが、正
直なところ、半信半疑でした。

同賞は、昨年は、Spaceship-1 の Paul Allen氏と、Mars Exploration Rover
Team, それに Cassini Huygens Project の Boris Smeds氏が受賞し、今年は、
NASA 長官 Mike Griffin 氏、民間ロケット機 Space-X の開発で有名な Elon
Musk 氏と、Hayabusa Project Team が受賞しています。

同 society のもう1つの賞である, SF作家 Robert Heinlein氏の Memorial Award
は、本年は、歴史的にも著名な、実験機 X-1 で世界で初めて音速を超えた
pilot である(すでに退役していますが)Chrales Yeager 氏に授与されることに
なり、受賞式には、同氏の代理の Yeager Foundation と、われわれ Hayabusa
Project (川口、上杉)が招待されました。これ自体が、すでに大変な名誉だと
思っています。

受賞にあたり、受賞理由と両名(川口、上杉)の紹介をいただき、続いて、賞紙
と月面を模した記念トロフィーの授与を受けました。と、その瞬間、授与式に参
列していた、約300名の参加者は総立ちとなり、会場は、我々に繰り返し拍手を
おくる状況に急転しました。NASA の十分の一、そのまたごく僅かのリソースで
試みた小さなミッションだったわけです。スタンディング・オベイションの栄誉
に浴することなど、全く予想だにしなかったことで、大いにとまどいました。
米国宇宙関係者の人種を越えた挑戦に対する大いなる理解と、挑戦に寛大な文化
に大きく感動したところです。

賞紙は、「はやぶさ」運用室に飾りたいと考えています。トロフィーは、あつか
ましいかもしれませんが、本部長室におかせていただければと思っております。

日本国内よりも米国で評価をいただいたことは、ある意味では皮肉なことではあ
りますが、これを励みとして、「はやぶさ」の地球帰還に向け、なお一層運用に
努力を傾注・継続して参りたいと思います。

 

はやぶさプロジェクトマネージャー 川口淳一郎

 

 
 
 
【重要】ウェブ上データの利用方針について | お問合わせ