トップ| 概要 | 目的 | トピックス | アーカイブ 今週のはやぶさ君Up!  English

概要

 

 

−はやぶさ全体像 +小惑星について +イオンエンジン +着陸・再突入 +軌道 +将来

 

 探査機の概略  

 

MUSES−C探査機の重量は約500kgで、その姿勢は基本的には太陽電池パドルを
太陽の方向に向けるように制御されます。
電波でも往復に何十分もかかる遠いところにある正確な形さえ判らない小惑星に接近するために、
この探査機は高い自律機能を持ち、 カメラの撮像やレーザー高度計に より距離や形をとらえ、
探査機自身がその場でどういう行動をとるべきかを考えます。
また従来の探査機に比べても画期的な軽量化が行われる予定で、 各種の搭載機器は日本の
技術を結集して開発されます。

探査機概略形状

初期重量(推進薬含む)

約500 kg

電気推進系推進薬搭載量 約65 kg
化学推進系推進薬搭載量 約50 kg
サンプル収集機構 約10 kg
再突入カプセル 約20 kg
航法誘導制御系 約40 kg
大きさ 約1.5mx約1.5mx約1.2m

推進エンジンシステム

電気推進 種類

キセノンを用いたマイクロ波イオン電気推進

電気推進 発生推力と比推力 15 mN, 2,980 sec
発生デルタV量 4,000 m/s
化学推進エンジン 種類 NTOとヒドラジンによる2液推進エンジン
化学推進エンジン 発生推力と比推力 20 N, 290 sec

電力システム

太陽電池 種類

Gallium Arsenide - 700 kW

太陽電池 面積

12 m2

バッテリ 諸元

Nickel-metal hydride・容量15 Ah

通信システム

使用帯域

X-band / S-band

高利得アンテナ 諸元

直径1.5 m 探査機固定

高利得アンテナ 送信出力

20 W (X-band)

 



 今までの探査機
 NASA惑星探査の例
 サンプルリターン構想
 ISAS惑星探査検討の先進性
 計画開始にいたる経緯
 探査機の目的
 飛行計画
 新技術
 NASAとの協力関係
 探査機概容計画ー背面ー
 探査機概容ー側面ー
 探査機の全体像(射場整備)
 小惑星のランデブー
 


 

 

 

【重要】ウェブ上データの利用方針について | お問合わせ